メインイメージ画像

印刷用紙は使用筆記用具や用途での選択が必要です

あなたがコピーを頼まれたとします。文字などの印刷には、用紙が必要です。その用紙も、多くの種類があります。それぞれ特徴が異なりますので、自分が求める性質をもった用紙を使う必要があります。例えば用紙に対して、鉛筆で書くか否かです。鉛筆で書くことが想定されるケースもあれば、そうでない場合もあります。

そして用紙にも色々な種類があり、中には鉛筆で書きにくいタイプもあります。通常、用紙の表面に光沢があるものは、鉛筆で書きにくいです。

したがっていずれは鉛筆書きをすると想定がされる時には、光沢が無い用紙を選ぶ必要があります。

また鉛筆ではなくて、油性マジックを用いる可能性もあります。何らかの事情があって用紙に対して油性マジックで書き込む可能性があるか否かにより、選択する紙が異なってくるのです。なぜならば用紙により、油性マジックでの記入の不可能なタイプがあります。

前述の光沢のある紙などは、大部分が油性マジックで記入可能です。反対に光沢のない用紙の場合には、マジック記入が不可能な場合もあります。したがってマジック記入をするかどうかにより、印刷の為、選ぶ用紙もある程度限定されてきます。その他にもボールペンの利用可否に関する違いも存在するので、将来的にどのようなペンを用いることになるか、によって選ぶ用紙も絞り込まれてくる訳です。つまりどのような書き込みがされるかにより選ぶ用紙が異なってくる訳です。また用紙には、それぞれ向き不向きがあります。

例えば、ポスターを作る為に用紙を選ぶ場合も珍しくないです。ポスターを作成するのに向いている用紙もあれば、そうでない用紙もあるのです。一般的に光沢がある用紙などは、ポスターへは不向きな一面があります。また用紙はフライヤーを作る為に用いられる事もありますが、それへ向いているタイプとそうではないタイプがあるのです。こういったように用紙にも様々な種類がありますので、自分自身のニーズに合っている物を選ぶ必要がある訳です。

更新情報